『ハゲタカと少女』


お友達の〔もとやん〕の日記に貼ってあった写真があまりに衝撃的だったので転載します。

アフリカの原住民の餓死寸前の女の子、その後ろでハゲタカが死ぬのを待っている写真。

この写真はピュリッツァー賞を受賞していますが、相当な批判を受けたらしいです。

写真なんか撮っていないで助けろと・・・

この写真を撮ったケビンカーター氏、34歳で自殺されたそうです。

この時のカーターさんの手記も載せておきます。以下

ある村からすぐの砂漠地帯にカメラを持って出ると,その時,幼い少女がよろよろと歩くのが見えた。泣きながら,3・4歩進んでは,乾き切った地面に倒れ,立ち上がって,また数歩行っては倒れた。数ショット撮影して,一端はその場を離れたが,気になって引き返した。すると,力尽きて倒れた少女の後ろに,ハゲワシが舞い降りていた。夢中でシャッターを押した。そして,声をあげて,ハゲワシを追い払った。少女は,再びよろよろと村に向かった。
その後あまりの衝撃に近くの木の下に座り込んでしまった。そして,たばこを一服すった。涙がこみあげてきた。声を出して,しばらく泣き続けた。

以上カーターさんの手記です。

私はその当時のスーダンの内戦の状況からカーターさんを責める気にはなりません。

この写真・手記をみて皆さんの心にはなにが残るのかな?





〔もとやん〕いい写真撮ります。

NO FUTURE TOKYO←ココをクリック
b0133875_17213318.jpg

[PR]

by kjsj13 | 2008-10-29 17:20 | 日記・つぶやき・コラム